browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

私のおすすめのフライパン

私のおすすめのフライパン

家で料理をする人なら誰しも、お気に入りの鍋やフライパンがあると思います。

これは使いやすいとか、デザインが好きだから料理をするのが楽しくなるとか。

あなたはどんなものを使っていますか?私のおすすめは、何の変哲もない直径20センチ程度のフライパンです。

少し深めの作りになっています。

近所のディスカウントストアで1500円くらいで購入しました。

主婦の相棒としてはコストパフォーマンスの高さって重要ですからね!今はフライパンひとつでなんでも作れるもので、それ専門の料理本や雑誌での特集なんかもよく目にします。

おすすめのポイントとしては、ガス火にもIHにも対応していることと、テフロン加工がしてあるものを選ぶことです。

私の家のキッチンはガスだけなので、ということもありますが、やはり安くても長持ちするものはありますし、将来的なことも考えてどちらにも対応できるほうが望ましいです。

テフロン加工は、今はほとんどのものに施されているとは思いますが、洗う時が断然楽です。

フライパンはあまりゴシゴシ洗うと痛みますし、ひどく傷が入ったものは焦げ付きやすくなり料理の味にも影響しますからね。

お手入れがしやすいにこしたことはありません。

きれいに使って、料理の時間をもっと楽しみたいですね。

フライパンを長持ちさせるためにおすすめの使い方

家庭での料理に欠かせない道具、フライパン。

素材はいろいろありますが、一般家庭でよく使われているのはアルミニウム製のものです。

フッ素加工が施されており、こびりつきにくいようになっているからと、お店でおすすめされて購入した方も多いと思います。

実際、他の食器と同じように洗剤で洗えるので楽ですよね。

でもこのフッ素加工、どんなに高級なものでも2~3年でフッ素が剥がれてしまうのです。

フッ素が剥がれてしまったら、買い替えるほかありません。

アルミニウム製のフライパンは長くても3年程度が寿命ということです。

短命だと感じるかもしれませんが、もっと早くに駄目になる場合もあります。

駄目にする原因のひとつは、タワシでゴシゴシ洗うことです。

油汚れがこびりついて取れないからといって、タワシでゴシゴシ洗うとフッ素加工を自分で剥がしてしまうことになります。

お手入れはスポンジで優しく洗いましょう。

おすすめのフライパンを知っておく

洗剤で洗う前に、熱湯で汚れや油を浮かせると洗いやすくなります。

そしてもう一つ、意外と知られていないのが耐熱温度です。

フッ素加工のフライパンの耐熱温度は約250~270度なのですが、一般的なコンロで火にかけたフライパンは1分間で300度近くまで上がります。

火力を気にしないで使い続けると、フッ素加工はすぐに駄目になってしまうので、中火以下での調理を強くおすすめします。


© 2016 おすすめされたフライパン