リレンザの効果

リレンザは発症後48時間以内に服用してこそ効果を発揮する

インフルエンザ治療薬「リレンザ」は、インフルエンザ発症後の48時間以内での服用することで、高い効果が得られます。

リレンザをインフルエンザ発症後48時間以内に服用すると、薬を使用しなかった場合に比べて、約1.5日から3日早く回復します。このように、リレンザの効果を最大限に引き出すには、決められたタイミングをしっかり守って服用することが大切です。48時間以内に薬剤を服用しなければ、治療効果は薄まります。

また、リレンザが効果を発揮するのはインフルエンザA型とB型のみで、C型には効果がありません。そのため、医師の診断のもと、自分の症状に合わせた治療薬を処方してもらわなければなりません。C型インフルエンザに感染していた際に、リレンザを服用していても効果がないからです。

リレンザには、感染後の治療だけでなく、予防薬としての効果もあります。

リレンザは服用期間を守らないとインフルエンザの再発を招く

インフルエンザ薬「リレンザ」は、5日間の服用期間を守らないと、再発する危険性があります。

医療機関からリレンザを処方される場合、5日分を処方されます。この5日分の処方量を守らないと、インフルエンザが再発する可能性があるのです。リレンザは、5日分飲み切って、初めて体内のインフルエンザウイルスを死滅させます。

リレンザを飲むと、インフルエンザの症状は落ち着き、熱が下がります。そのため、5日分飲まずに服用をやめてしまう人がいますが、再発させてしまう可能性が高いです。再発させてしまうと、通常よりも症状が長引くので、医師の指示をしっかり守り、正しく服用しましょう。

リレンザは、従来のインフルエンザ治療薬に比べて即効性の高い薬です。そのため、短期間で体の調子を改善させられます。ただし、治療にかかる日数はタミフルと変わりません。

リレンザはC型インフルエンザには効果がない

リレンザは、C型インフルエンザには効果がありません。

人間に感染するインフルエンザウイルスはA・B・C型の3種類で、それぞれ症状や経過が異なります。リレンザはA型とB型には効果を発揮しますが、C型と新型インフルエンザには効果がないのです。

C型インフルエンザは、主に4歳以下の子どもが感染します。免疫が終生持続するため、大人で感染するケースはほとんどないのです。C型インフルエンザの症状は軽く、普通の風邪と区別がつかないので、インフルエンザ薬を使用しなくても問題ありません。

C型インフルエンザは、A型インフルエンザが変異したものです。インフルエンザにかかると、38℃を超える高熱が出やすくなります。また喉の痛み、関節痛、頭痛など激しい風邪の症状がでます。他にも、脳炎・脳症や呼吸器系の合併症を引き起こすこともあるのです。

インフルエンザは、毎年少しずつ変異します。新しいインフルエンザは、感染が急激に広がり、リレンザなどインフルエンザ治療薬が効かないことがあるのです。

使用期限の切れたリレンザは効果がない

使用期限が切れたリレンザは、インフルエンザへの効果は期待できません。また、期限の切れた医薬品を使用するのは危険です。

リレンザの使用期限は、製造後7年です。そのため昨年処方されたリレンザを使用しても期限的には問題はありません。しかし、期限が切れたリレンザは、治療薬の役目を果たさないので、インフルエンザにも効きません。

また、リレンザに限らず、医薬品は化学物質のため、使用期限が切れた薬剤の使用は危険です。薬は、時間が経つと有害物質に分解するものもあり、重大な健康被害を引き起こすこともあります。

厚生労働省は「使用期限は未開封時に補償される期限であり開封時には期日までに品質が保証されない場合もある」としています。そのため、一度開封した場合は7年経っていなくても、効果がない可能性もあるのです。